久しぶりにハマった音楽「竹原ピストル」


(写真引用/http://www.smashingmag.com/jp/archives/60271)

日本人の歌でここまでカッコいいと共感したのは数年ぶり。

歌詞が面白い。泥臭い。

起業した頃、壁画の仕事が欲しくて東京のシャッター商店街を歩き回った。

マックを食べながらハイエースに寝泊まり。

商店街の理事長にアポイントをとり、3時間かけて企画書を持って行っても、店の奥で寝ていたなぁ。

やっともらえた浅草の商店街の壁画。

浅草寺でおみくじをひいたら凶。

契約直前に、大家さんが「やっぱりやめる」と言い出した。

それを聞いた向かいの店の雷おこしさん。

「うちがやるよ」と言ってくれた。

ようやく3000円のカプセルホテルに泊まれた。

屋上の小さな共有風呂では外国人としゃべった。

先週、葛飾柴又の保育園に行く途中。

商店街を歩いている頃を思い出した。

電話でアポをとり、紹介もなく会ってくださった保育園の園長先生。

自分の考えを伝えると、委員会で協会理事の方々に協力を仰いでくださることになった。

竹原ピストルの歌を聴きながら、

変わらない心持ちであったことを実感。


11回の閲覧