新聞掲載「屋台小屋に祭り絵 御前崎の建設会社が寄贈」








ミッケルアート壁画版@ 静岡県御前崎市


きっかけは、13年前にお渡しした一枚の名刺。創業当時の名刺を13年間保管してくださっていた方からのお電話でした。

「お祭りの屋台小屋をリニューアルするので、アートを描いて欲しい」

たくさんの方々にご協力いただき、アートが無事完成致しました。 御前崎市では、学生時代に音楽フェスでライブペイントをさせていただきました。 お世話になった街に貢献できて嬉しいです。

文章は中日新聞さんの記事を転載させていただきます。

ありがとうございました。


——


屋台小屋に祭り絵 御前崎の建設会社が寄贈


御前崎市新野西町内会の屋台小屋入り口のシャッターに描かれた絵柄が新しくなった。「に組」と描いていた一般的な絵から、若者が二輪屋台を引き回す絵に変わった。過疎が進み祭りの担い手が減る中、絵を贈った地元の総合建設業、増田組の増田清人会長(64)は「子どもたちが大きくなったら祭りに出たいと思ってくれれば」と願う。 (河野貴子)  築四十年を経た屋台小屋の改修工事を請け負った増田組が、創業百十周年の記念事業で絵の変更は無償で引き受けた。絵柄は、祭りの若連代表と増田組、デザイン会社が相談して決めた。  縦五・五メートル、幅四・五メートルの絵は横長のフィルムに分かれ、祭りに熱中する若者を細密に描いている。間近で見ると一人一人表情が異なり、顔や腕を流れる汗まで表現。絵の中に「に」の文字が複数紛れた隠し絵になっており、見つけるのはなかなか難しい。  専門業者が六日に一日がかりで張り付けた。作業を見守った増田会長は「近在にないデザインで、明るくなった」と目を細めた。  十、十一日に予定されていた今年の祭りはコロナ禍で中止となったが「子どもたちが大きくなったら祭りに出たい、県外にいても祭りには戻りたいと思ってもらえるような地域にしたい」と語った。

——

・中日新聞

https://www.chunichi.co.jp/article_photo/list...

・静岡新聞

https://www.at-s.com/sp/news/article/local/west/817601.html

・増田組

http://www.masudagumi1912.co.jp

閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

朝一のzoom会議。 始まったとたん、なぜか頭が真っ白に。 一旦、五分間の映像を見て頂き、 パソコンを離れ、その場を凌ぐ。 深呼吸、ストレッチ、目をつぶる。 その後は、比較的普通に打ち合わせができた。 プレゼンは成功パターンを決め過ぎると上手くいかない。 自分の成功パターンに飽きた瞬間、 心が止まる。 心から湧いてくる感情をベースに話をした方が楽しい。 何度でも折れて。 何度でも立ちあがろう。

私が25歳で起業したとき。 やる気だけで、 道の歩き方がわからない私を、 吉田大王が導いてくれました。 いつも真剣に。 ユーモアがあり。 師匠であり。 親父のように。 酔ったときの口癖は、 「わしはもう片足棺桶に入ってるよ」 今日、 両足が棺桶に入ったことを聞きました。 いつも私たちの心に、 温かい火を灯してくれています。 この火を絶やさずに。 道を切り拓いていきます。 天国でも、菊正宗を楽しんで

チャレンジする時には、これまで知り合った方にヒアリングをする。 おおよそニーズが見えてきたら、 それを文章化して、具体案をつくり、多数の方にヒアリングを繰り返す。 ヒアリングは計画を立て、対象者をリスト化し、あとは苦行のように継続する。 今回は400名の方にアクションして、120名の方にご意見をいただくことができた。 この小さな種を、少数の方に絞ってモデルを作る。 そこでできた仕組みを、120名に