新聞掲載「屋台小屋に祭り絵 御前崎の建設会社が寄贈」








ミッケルアート壁画版@ 静岡県御前崎市


きっかけは、13年前にお渡しした一枚の名刺。創業当時の名刺を13年間保管してくださっていた方からのお電話でした。

「お祭りの屋台小屋をリニューアルするので、アートを描いて欲しい」

たくさんの方々にご協力いただき、アートが無事完成致しました。 御前崎市では、学生時代に音楽フェスでライブペイントをさせていただきました。 お世話になった街に貢献できて嬉しいです。

文章は中日新聞さんの記事を転載させていただきます。

ありがとうございました。


——


屋台小屋に祭り絵 御前崎の建設会社が寄贈


御前崎市新野西町内会の屋台小屋入り口のシャッターに描かれた絵柄が新しくなった。「に組」と描いていた一般的な絵から、若者が二輪屋台を引き回す絵に変わった。過疎が進み祭りの担い手が減る中、絵を贈った地元の総合建設業、増田組の増田清人会長(64)は「子どもたちが大きくなったら祭りに出たいと思ってくれれば」と願う。 (河野貴子)  築四十年を経た屋台小屋の改修工事を請け負った増田組が、創業百十周年の記念事業で絵の変更は無償で引き受けた。絵柄は、祭りの若連代表と増田組、デザイン会社が相談して決めた。  縦五・五メートル、幅四・五メートルの絵は横長のフィルムに分かれ、祭りに熱中する若者を細密に描いている。間近で見ると一人一人表情が異なり、顔や腕を流れる汗まで表現。絵の中に「に」の文字が複数紛れた隠し絵になっており、見つけるのはなかなか難しい。  専門業者が六日に一日がかりで張り付けた。作業を見守った増田会長は「近在にないデザインで、明るくなった」と目を細めた。  十、十一日に予定されていた今年の祭りはコロナ禍で中止となったが「子どもたちが大きくなったら祭りに出たい、県外にいても祭りには戻りたいと思ってもらえるような地域にしたい」と語った。

——

・中日新聞

https://www.chunichi.co.jp/article_photo/list...

・静岡新聞

https://www.at-s.com/sp/news/article/local/west/817601.html

・増田組

http://www.masudagumi1912.co.jp

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

13期目スタート

おかげ様で株式会社スプレーアートイグジンは13期目に入りました。 「え?井口さん?」 「ハスグチさん?」 「は、橋です」 「スフレーアートの西口さん?」 「いえ、橋、ブリッジの橋、橋口です」 「しゅーしゅーのスプレーです」 いまだにうまく言えません。 いろんな方にチャンスをいただいているおかげで、会社が存続しています。 これからも「誠意を持って、即実行」を貫いて参ります。

すっきり

初めて電話した方でも、顔が見えなくても。 素直に緊張と想いを伝えると、響く人に出会える。 今日は青森でお二人。 娘を寝かしつける時に。 腹が出ていることに気づく。 5キロ走る。 スッキリ。

静岡大学発ベンチャー企業

株式会社スプレーアートイグジン

〒432-8013

​​静岡県浜松市中区広沢2丁目38-7

Tel: 053-489-9850  (9時〜19時 年中無休)

Fax: 053-489-3705​  (24時間受付

shop@sprayart-xin.com(24時間受付

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

© 2017 SPRAY ART EXIN Co.,Ltd.