【起業】10年前の質問の答え


起業した当時、

ある方が話されていました。

「橋口さん、

私は以前大阪の方に言われた質問の答えが、

未だにわからないんですよ。

その方が言うには、

自分に支援してほしいなら、

2つの質問に答えてみてくれと。

Q. あなたを支援して、いくら儲かりますか?

Q. あなたを支援して、お金以外に私にどんな価値がありますか?

2つ目は、なんと答えて良いかわからないんですよ。」

私もそれを聞いて10年間、

頭の中に残っていました。

先ほど、ふとその答えが。

私の答えは、

「 支援はご遠慮致します 」

でした。

私の人生の師匠は、

「君が教わりたいなら、教えてあげるよ」

だけで、一円もいらないと。


27回の閲覧

最新記事

すべて表示

わしはもう半分

私が25歳で起業したとき。 やる気だけで、 道の歩き方がわからない私を、 吉田大王が導いてくれました。 いつも真剣に。 ユーモアがあり。 師匠であり。 親父のように。 酔ったときの口癖は、 「わしはもう片足棺桶に入ってるよ」 今日、 両足が棺桶に入ったことを聞きました。 いつも私たちの心に、 温かい火を灯してくれています。 この火を絶やさずに。 道を切り拓いていきます。 天国でも、菊正宗を楽しんで

新しいことにチャレンジするとき

チャレンジする時には、これまで知り合った方にヒアリングをする。 おおよそニーズが見えてきたら、 それを文章化して、具体案をつくり、多数の方にヒアリングを繰り返す。 ヒアリングは計画を立て、対象者をリスト化し、あとは苦行のように継続する。 今回は400名の方にアクションして、120名の方にご意見をいただくことができた。 この小さな種を、少数の方に絞ってモデルを作る。 そこでできた仕組みを、120名に