【起業】ミッケルアートの7年目


午前中は、介護施設へ行き、

1時間普段の様子を観察。

改めてグループホームの日常を見ると、

切なさを感じました。

フロアにいる利用者さん

目のやり場がなくひたすらテレビを観ている。

たまに利用者さんが他の方に話しかけても、

話しかけられた方は耳が遠くて聞こえない。

またテレビに目を向ける。

スタッフさんは業務に追われている。

このなかで時間を作ってコミュニケーションを取ろうとするのは、

よほどのモチベーションが必要。

1時間が経ち、

ミッケルアート映像版を流し、様子を観察。

最初は何だこれ?という違和感。

次第にこのピリッとした感じの何とも言えない空気感。

「ラブレターを渡したことはありますか?」

ナレーションに小さく頷く利用者さんがいる。

利用者さんの日常に、すーっと入り、

独特の空気感が生まれた。

スタッフさんは、記録業務に集中している。

業務負担は0。

ミッケルアートを開発して7年目。

独特なツールが見えてきた。


19回の閲覧