【成長】子供の心を育むために


文科省に問い合わせたところ、道徳に参考になる本を紹介いただいた。

仮に私がこども園の園長を務めた場合、以下のことをポイントにして教育を行う。

1 あいさつをする

  人間関係の基本である心の育成につながるため。

2 身の回りのことを自分でできるようにする

  食事、排泄、睡眠、着衣など、自立するための条件であるため

3 集団生活を通じて、友達との関係性を大切さ学ばせる

  子ども同士が居られる機会を大切にして、子供同士が楽しく競い合い、高め合える関係性を大切にする

4 子どもの自発的な行動以外にも、大人からの提案で、新しいことにチャレンジする機会を提供する

  環境や教材を提供するのは、大人でしかできないため

5 集団行動における決まりをまもる

  自由を尊重しつつも、自由すぎて協調性が欠ける場合、一緒に高め合う友人ができない可能性があるため

6 道徳心

  正しい、間違いを自分で考えることで、自らや友人をより良い方向へ導くことができるため。ご飯を大切にする。命を大切にする。人が嫌がることをしない。やさしい心。

おそらく、多くの園長先生は、このような考えで園を運営されているのではないか。

各園の共有点は、子どもにより良い成長に繋げたいこと。

道徳という言葉は、小学生以降によく登場するようだ。

道徳を心を育む的な考えで捉えてみる。

ミッケルアートキッズ版のコンセプトは、

心を育むことではないだろうか。

どの園長先生にも共通して願っていることだと思う。

ただ、そこに到達するまでの手法(=教育方法)が何通りもあるだけ。

また、成果が一人ひとり異なる。

教育にエビデンスを取ることは難しく、経験則で教育を行うしかない。

小学校に上がるときに、成長している姿をみたい気持ちは、一緒であるはず。

心を育む。

もう少し明文化が必要であるが、

心を育むためには、身だしなみ、マナー、やさしさ、道徳観など、すべて含まれる気がする。


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

13期目スタート

おかげ様で株式会社スプレーアートイグジンは13期目に入りました。 「え?井口さん?」 「ハスグチさん?」 「は、橋です」 「スフレーアートの西口さん?」 「いえ、橋、ブリッジの橋、橋口です」 「しゅーしゅーのスプレーです」 いまだにうまく言えません。 いろんな方にチャンスをいただいているおかげで、会社が存続しています。 これからも「誠意を持って、即実行」を貫いて参ります。

すっきり

初めて電話した方でも、顔が見えなくても。 素直に緊張と想いを伝えると、響く人に出会える。 今日は青森でお二人。 娘を寝かしつける時に。 腹が出ていることに気づく。 5キロ走る。 スッキリ。

静岡大学発ベンチャー企業

株式会社スプレーアートイグジン

〒432-8013

​​静岡県浜松市中区広沢2丁目38-7

Tel: 053-489-9850  (9時〜19時 年中無休)

Fax: 053-489-3705​  (24時間受付

shop@sprayart-xin.com(24時間受付

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

© 2017 SPRAY ART EXIN Co.,Ltd.