【ヒアリング】認定こども園の主任の先生との打合せの備忘録


1 これまでの保育と現在の保育の考え方

 2017年4月から、子どもとの関わり方を変えた。

 学習指導要領など、最新の国の流れを見ると、このままではいけないと感じた。

 これまでの保育を否定するものではないが、少し違和感を感じていた。

 これまで子どもの気持ちを大切にしてきたが、保育者主体になってしまっていた。

 昨年の要領改定は、子どもを中心にして保育を見直すきかっけになった。

 やはり子どもに対して、ある程度の距離感を保ちつつも、保育者が関わったほうが良い。

 子どもから自由に発想することを妨げるのではなく、保育者と一緒になって、活動を展開させることが大切だと感じた。

 例えば、年間行事は、従来と変わりはない。

 しかし、どんな役がいい、どんな楽器を使いたい、など、子どもが自分で決めて、練習するように視点を変えた。  

 この結果、これまで以上に、子どもがイキイキと活動していることが実感できた。

 介入しすぎると、保育者主体になるが、その距離感を大切にすれば、子どもの可能性をもっと伸ばせることに気づいた。

2 キッズ版に対する印象

 絵を通じて、みんなで意見を出す機会を設けることには賛成。

 コンセプトにも共感できる。

 子どもが考えて、自分なりに納得することで、次の時にはこうしようなど、自発的になると期待できる。

 このように絵を使って、視覚的に伝えることは非常に賛成。

 社会のルールやマナーは知識としてもちろん大切だけれど、一人ひとりに問いかけることも賛成。

 理由は、年齢に応じて、特に3歳児は、言葉で伝えても頭のなかでイメージできないことがある。

 絵本を読み聞かせするときには、挿絵があるので、言葉とイメージが一致する。

 言葉だけだと、イメージができない子は、よそ見をしてしまう。

4 キッズ版の題材について

 年齢に応じて、題材を変えることはいいと思う。

 3歳児には、「本棚の本を整理する絵」を見せて、説明する。

 絵を使うと、先生はこういうことを言いたいんだと目で見て理解できる。

 5歳児には、盲導犬などの難しめの絵でも良い。

 デパートのエスカレーターなど、園の外の出来事に関することでも、園で教えることは大切だと思う。

5 活用シーンと活用時間

 当園では、午前中の主活動では同年齢、午後は異年齢となっている。

 午前中に使う場合は、同年齢になるので、年齢に合わせた題材を担任が選ぶと思う。タイミングは主活動の前。

 午後に使う場合は、帰りの16:45頃の振り返りの時間に、異年齢で使う。

 どちらで使うにしても、5分程度、話すイメージ。

6 活用する際の言葉かけ

 「今日はこんな絵をもってきたんだけど、みんな見てみようか」と言うように話しかける。

 子どもは何かを提供すれば、必ず反応するので、イメージ通りの活用ができるのではないかと思う。

7 キッズ版の保管方法

 教材室があるので、そこに保管しておく方がいい。

 年齢別に題材が分かれていれば、担任が子どもに合わせた絵を選び、自由に活用すると思う。


閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

朝一のzoom会議。 始まったとたん、なぜか頭が真っ白に。 一旦、五分間の映像を見て頂き、 パソコンを離れ、その場を凌ぐ。 深呼吸、ストレッチ、目をつぶる。 その後は、比較的普通に打ち合わせができた。 プレゼンは成功パターンを決め過ぎると上手くいかない。 自分の成功パターンに飽きた瞬間、 心が止まる。 心から湧いてくる感情をベースに話をした方が楽しい。 何度でも折れて。 何度でも立ちあがろう。

私が25歳で起業したとき。 やる気だけで、 道の歩き方がわからない私を、 吉田大王が導いてくれました。 いつも真剣に。 ユーモアがあり。 師匠であり。 親父のように。 酔ったときの口癖は、 「わしはもう片足棺桶に入ってるよ」 今日、 両足が棺桶に入ったことを聞きました。 いつも私たちの心に、 温かい火を灯してくれています。 この火を絶やさずに。 道を切り拓いていきます。 天国でも、菊正宗を楽しんで

チャレンジする時には、これまで知り合った方にヒアリングをする。 おおよそニーズが見えてきたら、 それを文章化して、具体案をつくり、多数の方にヒアリングを繰り返す。 ヒアリングは計画を立て、対象者をリスト化し、あとは苦行のように継続する。 今回は400名の方にアクションして、120名の方にご意見をいただくことができた。 この小さな種を、少数の方に絞ってモデルを作る。 そこでできた仕組みを、120名に