検索
  • 橋口論

生きるために「自分で考える」大切さ


・園長先生A様

「なぜ?どうして?」を考えさせる習慣をつけさせたい。

自分で考えることで、深く理解していく子に育つため。

・園長先生B様

活動後に振り返る習慣を身につけさせたい。

そのために、絵を使うのはありそうでなかった。

・園長先生C様

園独自の保育者マニュアルと、子ども向けにルールがある。

若手保育者は、とりあえずそれを使えば一定の保育ができる。

子どもは、個人差はあるが次第にルールに慣れていく。

A Bの方は、応用力を大切にしている。

Cの方は、適応力を大切にしている。

どちらが良い悪いはないが、Cの方は、数学でいうと公式を暗記させるようだ。

 A Bの方は、公式の成り立ちを考えさせるようだ。

ルールやマニュアルがあれば、経営的に管理がしやすくなる

私も会社でマニュアルやルールを作るのは徹底している。

しかし、マニュアルやルールは、生産性を効率化するための手段であり、そこから新しいものは生まれにくい。

新しいものを生み出すためには、別の仕組みが必要。

それは、現状に対して「なぜ?」と考え、そのテーマについて、複数人の意見を出し合い、考えをまとめていく仕組み。

Cの方の意見を聞いていると、

「なるほど。若手保育者も仕事に慣れやすく、子どももルールを守りやすく、素晴らしい仕組みだ」

と感じた。しかし、打ち合わせ後に、何か違和感が。

おそらく、環境への適応には繋がるが、生きる応用力には繋がらないのではと疑問を感じたためだ。

私は、高校まで公式ばかり覚える生活だった。しかし、大学で絵を描き始め、起業し、自分で0から行動することが当たり前となった。

日々「なぜ?」を繰り返し、地道に創り上げることで、新しい道が拓けることを知った。

そうでなければ、「効率化の一部」になってしまう。

ある先生から、

『「なぜ」を考えれば子どもは応用力が身につき、いろんなことに対応できるようになる。あなたはその教材を作りたいんですよね。』

と言われた。

「子どもと一緒に考える」

生きるための応用力を身につける教材を作りたい。


0回の閲覧

静岡大学発ベンチャー企業

株式会社スプレーアートイグジン

〒432-8013

​​静岡県浜松市中区広沢2丁目38-7

Tel: 053-489-9850  (9時〜19時 年中無休)

Fax: 053-489-3705​  (24時間受付

shop@sprayart-xin.com(24時間受付

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

© 2017 SPRAY ART EXIN Co.,Ltd.