検索
  • 橋口論

創造は、否定とコミュニケーションから生まれる


現状で足りないものを見つけ、

現在をあえて否定する。

そこから意見を出し合うと、

新たな創造性が生まれる。

創作物は、賛否出る方がいい。

賛否すら出ないものは、それまでの価値となる。

エッジがあれば、

最初は賛否出るが、

次第に「これは、こうじゃなきゃ」に落ち着く。

否定して、

議論して、

創造する。


0回の閲覧

静岡大学発ベンチャー企業

株式会社スプレーアートイグジン

〒432-8013

​​静岡県浜松市中区広沢2丁目38-7

Tel: 053-489-9850  (9時〜19時 年中無休)

Fax: 053-489-3705​  (24時間受付

shop@sprayart-xin.com(24時間受付

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

© 2017 SPRAY ART EXIN Co.,Ltd.