ゴミを拾い、恥じる


家族とピクニックに行った。

公園から帰る際、車内の冷房を効かせておこうと、私は一人先に車に向かった。

カラコロ カラコロ

前方に、風に吹かれたビニール袋がたなびき、中には誰かの飲み終えたビールの缶とスプーンが二つ。

私は思わず、ビールの缶を足でクシャッと踏み潰して、手で拾った。

それと同時に、私のすぐ後ろを歩いていた高齢の女性は、「あらあら」と言い、スプーンを手で拾った。

私の心には「拾ってあげた」という気持ちがあった。

女性には、それが感じられなかった。

私は起業した頃から、「傍観者より偽善者になる」と考えている。

見ているだけより、実際により良い行動することが大切。

しかし、空き缶をゴミ箱に捨てながら、女性との違いを恥じた。


9回の閲覧