共感者


人が誰かを褒めるとき、けなすとき。

価値観が同じか

価値観が違うか

会社に帰属していれば、

価値観を押し付けることができるかもしれない。

しかし、結構疲れる。

コミュニケーションは、

お互いの違いを知り、価値観を尊重すること。

大切ではあるが、結構疲れる。

そもそも互いに共感するビジョンがなければ、

コミュニケーションを図る意味はない。

一緒に仕事をしなければ良い。

ビジョンに共感している人と一緒に仕事をする。

喜んでくれる人のために頑張ることの方が、やはり楽しい。

そして良いものができる。

クライアントがビジョンに共感していなければ、 その仕事をしなければ良い。

一時的なお金になっても、

ストレスや悪評に繋がる。

互いに疲れる。

何かのために共に時間を費やすことは、

ビジョンに対する共感が前提であり、

価値観にズレがあればコミュニケーションをとり、

互いを尊重し合う関係が良い。

相手と対等でありつつ、

拳1つ分だけ、自分を下げる。

これが大切である気がする。


9回の閲覧