娘の宝箱🎁


農業体験に行く車中。

思わずメモを取りたくなるほどの疑問を、娘が質問してきた。

「パパ、地球は、何メートルの道路があるのかな?」 「うーん、どのくらいだと思う?」 「んー、多分1万メートルくらいかな」

「1万メートルか、長そうだね」

「パパ、なんで何歳とかあるのかな?」 

「そうだね、なんでだと思う?」

「うーん、わかんない」

「じゃあ、何歳とか、あった方が良いと思う?なかった方がいいと思う?」

「あった方が良いと思う」

「そうか、どうしてそう思う?」

「この子は何歳かわかれば、同じ大きさだな、とかわかるから」

「そうだね、何歳かわかれば、同じ大きさとかわかるね」

「パパ、神様はなんで人間を作ろうと思ったんだろうね?」 「そうだね、どうしてだと思う?」 「わかった。一人だと寂しかったんじゃない?」 

「そうだね、一人だと寂しかったかもしれないね」

娘の一言一言は、

自分の宝箱に何を入れようか考えているように聞こえる。

少しでも関わる密度を高めて、

小さな成長を大切にしたい。


閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

2歳の息子と公園に。 遊具のレバーをガチャガチャ。 レバーを途中で右に動かすと、右側でガチャガチャできることに気づかない。 でも気づきそう...。 じっくり見ていると。 他の子がガチャガチャ、グイ、ガチャガチャ。 真似して、ガチャガチャ。 。。グイ、ガチャガチャ! できた瞬間をカメラに収めることができた。 「すごいね!できたね!」 息子がニヤニヤしている。