発達障害の勉強会へ


発達障害に関する勉強会に参加しました。

「教育に科学を」というスローガンのもと、エビデンスに基づく教育に取り組まれているようです。

たくさんの学びはありました。

しかしエビデンスがあるからといって、白黒はっきり言いすぎなことは、どうかなと疑問を感じました。

キッズ版を開発していくながでも、保育者にはマニュアル化ではなく柔軟性と創造性が大切です。

講師から、

Q   大人同士、話し合っているときに、子どもが騒いで邪魔をしてきました。あなたは注意しますか?

と問われたので、Yesに挙手しました。

私は最前列に座っていたので、後ろの方々が挙げたのかわかりませんが、会場の雰囲気と講師の表情を見るとかなりの少数派のようでした。

「これはエビデンスが出ているんです。」

と言われましたが、そんなに断定できるのかなと。。

私なら子どもにわかりやすく説明して、一緒に話し合う時間を大切にしたい。

ミッケルアートも介護分野でエビデンスの確立を目指していますが、断定は危険だなと感じます。

あくまで統計的な確率にすぎないため。

発達支援の分野はとても興味深いものでした。

しかし、そこを学ぶ上では、その領域に関わる人についても学べそうだな感じました。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

わしはもう半分

私が25歳で起業したとき。 やる気だけで、 道の歩き方がわからない私を、 吉田大王が導いてくれました。 いつも真剣に。 ユーモアがあり。 師匠であり。 親父のように。 酔ったときの口癖は、 「わしはもう片足棺桶に入ってるよ」 今日、 両足が棺桶に入ったことを聞きました。 いつも私たちの心に、 温かい火を灯してくれています。 この火を絶やさずに。 道を切り拓いていきます。 天国でも、菊正宗を楽しんで

新しいことにチャレンジするとき

チャレンジする時には、これまで知り合った方にヒアリングをする。 おおよそニーズが見えてきたら、 それを文章化して、具体案をつくり、多数の方にヒアリングを繰り返す。 ヒアリングは計画を立て、対象者をリスト化し、あとは苦行のように継続する。 今回は400名の方にアクションして、120名の方にご意見をいただくことができた。 この小さな種を、少数の方に絞ってモデルを作る。 そこでできた仕組みを、120名に