絵描きの主語は、私


絵描きの方の気持ちはよくわかる。

「私の絵で、〇〇を明るくしたい」

大体、主語が自分になる。

これが特に悪いと言っているわけではない。

絵描きの方が、経営の頭を持つには、

発想転換がとても大変。

私は不器用なので、10年かかった。

自分の絵で何かを変えようとするのではなく、

クライアント中心に、クライアントにとっての最良を考えるようになった。

絵描きは、とにかく絵を描きたいのだ。

しかし、クライアントが求めているのは、

絵ではなく、絵を通じた価値である。


11回の閲覧