語る、語る、語る


3日間の東京出張が終了。

今回も多くの方々と、語り合った。

より良いビジョンに対して、語り合う時間は貴重だ。

介護、医療、保育が同時に動き出している。

歩いて、語り会い。

また、語る。

電車を乗り過ごし、

意味もなく成田空港まで行ってしまった。

久しぶりに商店街を通る。

11年前は、商店街で壁画の仕事が欲しかった。

語り合う相手は、いなかった。 

今は、熱く語れる仲間やクライアントが増えた。

とても有り難い。

人生をかける価値を感じる事だけに、

時間を使いたい。


22回の閲覧

最新記事

すべて表示

わしはもう半分

私が25歳で起業したとき。 やる気だけで、 道の歩き方がわからない私を、 吉田大王が導いてくれました。 いつも真剣に。 ユーモアがあり。 師匠であり。 親父のように。 酔ったときの口癖は、 「わしはもう片足棺桶に入ってるよ」 今日、 両足が棺桶に入ったことを聞きました。 いつも私たちの心に、 温かい火を灯してくれています。 この火を絶やさずに。 道を切り拓いていきます。 天国でも、菊正宗を楽しんで

新しいことにチャレンジするとき

チャレンジする時には、これまで知り合った方にヒアリングをする。 おおよそニーズが見えてきたら、 それを文章化して、具体案をつくり、多数の方にヒアリングを繰り返す。 ヒアリングは計画を立て、対象者をリスト化し、あとは苦行のように継続する。 今回は400名の方にアクションして、120名の方にご意見をいただくことができた。 この小さな種を、少数の方に絞ってモデルを作る。 そこでできた仕組みを、120名に