頭をこんにゃくにする


娘と話す話題は、いつも創造的だと気づいた。

一つの事をきっかけに、

次から次へと、適当な話をお互いにする。

「パパ、今日何する?」

「、、、あなたはどうしたいのよ?」

「私は、今日はバレエの発表会なのよ!」

「あなた。実は、練習してたわね」

「そうよ!私は優勝するのよ!」

「ぱーぱぱぱぱぱぱぱー、らーぱーぱぱぱぱー♪」

と、こんな感じに。

私は女役になることが多い。

適当に、適当を重ねて、

何かを始める。

これは、視点を広げるためにはとても面白いワークになる。

最近、保育士や介護士向けに、アートの使い方を伝える時には、このようなワークを行う。

一枚の絵をみんなで見て、

「どう思いますか?」

と言って、順番に、ひたすら言い合う。

次に、

「どのような事が想像できますか?」 

と言う。

20個くらいいくと、想像もしなかった発言が出てくる。

発言には「不正解」がない。

とにかく自分の意見を言うトレーニングになる。

発言には、必ず「個性」が見える。

これが大切だ。

自分自身の言葉が、

色々な角度から出る。

視野が広がり、

人や物事を「立体的に見る力」がつく。 

頭をこんにゃくのようにフニャフニャにすれば、さまざまな発想がでてくる。

想像する力。

創造する力。

子どもにかえれば、みんな持っていた力。


43回の閲覧