目の前にあるのは


起業して13年。

目の前にある「家族の幸せ」に気づく。

人は日常に目を向けたときに、幸せを感じる。

日常を描こう。

会社を継続すると、私たちは社会に何を残せるのか。

考えた結果。

やはりこれだ。

「アートの工業化」


14回の閲覧