【教育】指導計画、評価計画はAI化?

January 6, 2018

「アクティブラーニングの視点に立った教育課程の実施・評価・改善」の中で、

「③教育実践の蓄積・共有による学校全体の指導の向上とある」

ここでは、実践した指導計画・評価計画・教材・教具等の保管が述べられているが、ICT化されている教育環境であれば、データベース化して、他学校とも共有するのではないか?

 

また、介護のケアプランもAI化が進められているように、教育の指導計画もAI化の波が来ているのかな。まだタブー視されているのかな。

 

教員不足や教員の質の低下が課題とされている現在、この本を読む限りでは、アクティブラーニングの理想が高すぎて現場に差が出る気がする。

 

もう少し資料作成業務の手間を省くなど、効率化が必要ではないのかな。

 

 

Please reload

​過去の記事

Please reload

最近の記事

November 14, 2019

October 30, 2019

Please reload

メール配信ご希望の方はこちら

​カテゴリー

Please reload

静岡大学発ベンチャー企業

株式会社スプレーアートイグジン

〒432-8002

​​静岡県浜松市中区富塚町2059-3

Tel: 053-474-5717  (9時〜19時 年中無休)

Fax: 053-489-3705​  (24時間受付

shop@sprayart-xin.com(24時間受付

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

© 2017 SPRAY ART EXIN Co.,Ltd.